FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Perfect hue-man
「オーラソーマ」の世界では、人を意味するhumanは、「hue-man」、つまり「色の人」という意味として話されるそうです。

確かに、色の混ぜ具合で、作られる色は無限であるように、人の個性や可能性も無限です。

ただ、1滴のイエローで、新たな色が生まれます。

その1滴を何色にするかは、その人次第。

色は重ね続けると黒になります。

確固たる黒になります。揺るがない色。

黒を変えられる唯一の色は・・・色でない色、白です。

しかし、白をいくら加えても色相(hue)には、なりません。

私が思うに、黒になったときは、すべてを知り尽くした時なのではないかと。

良いことも悪いこともすべて知り尽くした黒。
パーフェクトヒューマン?(笑)"

そう考えると、私は今、何色なんだろう。

まだまだ、知らないことが多すぎます。

薄い緑みの青あたりでしょうか???

そして、パーソナルカラー的にいうと、黒が一番似合うのはウインターの人ですが、自己主張したい時、私は黒を着たくなります。

デザインでもそのモノを引き立たせる時、背景にしばしば黒を使います。
それが服になると大抵の人が黒に負けてしまいます。

黒って、不思議。

例えば、カラーよりモノクロ写真の方が、その人のココロの中が見えるような気がしません?

そんな不思議な黒をとても素敵に着こなす人がいます。パーソナルカラーに関係なく黒に負けないオーラを持っている人。
遠くにいてもわかる人。

周りにもいませんか?そんな人。

私も何人かに出逢っています。

多分、その黒は、はじめからの黒ではなく、重ね続けた黒なのでしょう?

深い人です。

私もそんな人になりたいと思います。

重ねられた歴史の黒が似合うヒューマンに。
パーフェクトというよりは、面白いかな?
Entertaining humanとか、Interesting human という感じ(*¯ω¯*)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。