FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【パーソナルカラーと職業】
最近、感じたこと。

パーソナルカラーと職業の関連性。

統計学的には、大よそ満たないデータ数ですが、私が行うパーソナルカラー診断で、職業の別が大まかではありますが、分かれてきました。

職業というより、その部分が長けている。といった方が良いかもしれません。
他の要素もお持ちですが、特にその部分が際立っている。という印象です。


例えば…

【Spring】…春のお花畑を思わせる色合いが年齢に関係なく似合う方。
人に癒しと元気をもたらす職業。明るい印象があるので、接する人が楽しくなります。
≪例≫介護士さん、保育士さん、看護師さん、などなど。

【Summer】…爽やかで清潔感のある優しい色合いが似合う方。
信頼され数字に強く、経済・経営、賢く生活するための知識を伝える職業。心と数字の整理が得意。
≪例≫ファイナンシャルプランナー、金融関係、経済学者、数学の先生、などなど。

【Autumn】…落ち着いた深みのある色が似合う方。
個性的な印象で芸術的センスを活かした創造する職業。
≪例≫アパレル、ファッション、デザイナー(グラフィック・WEB)、画家(イラストレーター)、などなど。

【Winter】…シャープでメリハリの利いた色の似合う方。
インパクトが強く、統率力と説得力を活かした職業。
≪例≫指導者、政治家、不動産、スポーツ選手、などなど。



いかがでしょう?

あなたの周りの方にも当てはまりませんか?

勿論、皆さん、たくさんの魅力をお持ちだと思いますので、『特にそこが優れている!』と、解釈してみてください。



もしも、今、そこが際立っていなければ、もしかしたら、隠れた魅力があるのかもしれませんよ。

ちょっとだけ、自分に問いかけてみてください。

あらら、魅力がまたひとつ増えましたね。




スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://poohyou6.blog68.fc2.com/tb.php/166-3a273c15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。